リンナイのガスコンロ『ホワロ』のグリルに関する情報

ネット通販で大人気のリンナイのガスコンロ『ホワロ』。

ここでは、そんなホワロのグリルについての情報をまとめています。

 

グリルの違いによるメリット・デメリット

 

ホワロのグリルは水無し片面焼きのグリルです。

ガスコンロのグリルには【水無し片面焼き】と【水無し両面焼き】がありますよね。

それぞれのメリットとデメリットの紹介です。

 

メリット

【水無し片面焼き】

  • グリル庫内の作りがシンプルなのでお手入れがしやすい
  • 食材が焼き網にくっつきづらい
  • ガスコンロ本体の価格が安い

【水無し両面焼き】

  • 食材を途中で裏返す必要がない
  • グリルで作れる料理のレシピが多い
  • 焼き上がり時間が早い

 

デメリット

【水無し片面焼き】

  • 食材を途中で裏返す必要がある
  • グリルで作れる料理レシピが少ない
  • 焼き上がり時間が長い

【水無し両面焼き】

  • 食材が焼き網にくっつきやすい
  • グリル庫内の作りが複雑で掃除が面倒
  • ガスコンロ本体の価格が高い

 

片面焼き、両面焼き、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

水無し片面焼きのホワロのグリル

 

先ほども紹介した通りホワロのグリルは【水無し片面焼き】のグリルです。

食材が焼き網にくっつきづらく、グリル庫内の作りがシンプルなのでお手入れがしやすいのが特徴ですね。

 

さらに、ホワロの焼き網はフッ素加工済み。

より食材がくっつきづらく、お手入れ時も軽く洗うだけで簡単に汚れを落とすことができます。

逆に、ゴシゴシ洗いすぎるのは厳禁。

せっかくのフッ素加工が剥がれてしまう可能性があります。

 

ホワロのグリル庫内は見ての通り、ほとんど凹凸がありませんね。

これが、お手入れのしやすさの秘密!

凹凸がほとんどないので通常だったら手入れしにくい奥の隅々まで手が届きます。

 

せっかくガスコンロにグリルがついていても、そのグリルを使わない人ってけっこういます。

理由は単純。

手入れしにくいグリルが汚れてしまうと面倒だから!

お手入れの簡単なホワロのグリルだったら、躊躇なくグリルを使うことができそうですね。

 

ホワロのグリルはトースト調理が得意

 

ホワロを購入したら、是非試してほしいのがグリルを使用してトーストを焼くこと!

「ウチにはパン専用のトースターがあるから・・」

そんな風に思ったかたも、騙されたと思って一度グリルでトーストを焼いてみてください。

 

ガスコンロのグリルで焼いたトーストは、トースターで焼くよりも美味しいって知っていますか?

その秘密は火力の違い。

ガスコンロのグリルは、トースターに比べてより高火力を出すことができます。

高火力で一気に焼きあがることで、パンに含まれている水分を逃がさずに焼くことができるんですね。

パンを焼くのに時間をかけ過ぎると、パン内の水分が奪われてパッサパサの仕上がりに・・。

水分を逃がさないように焼いたパンは、外側サクサク中はしっとりモチモチの仕上がりに。

焼きあがるまでの時間も約2分半と、忙しい朝にも大助かりですね。

 

ホワロのグリルはお手入れが簡単で躊躇することなく使うことができます。

せっかくホワロを購入したら、ぜひグリル調理を楽しんでくださいね。

 

  • 何が作れるかわからない
  • どう作っていいかわからない

 

こんな人は、【片面焼きグリル レシピ】で検索してください。

思っている以上にたくさんのレシピが出てくるはずです。